MIKSコインとは


MIKSコインは、カガヤン経済特区内に仮想通貨取引所の主任ライセンスを取得した取引所「HARSEQ」に上場される仮想通貨です。MIKSコインは過去フィリピンで展開されたどの仮想通貨もなし得なかったことを現実にしてきています。


MIKSコインのオフィシャルホームページ(英語)にもHARSEQの情報が載っています。正式な主任ライセンスを取得した仮想通貨取引所HARSEQが打ち出す仮想通貨、それが「MIKSコイン」です。


仮想通貨取引所がすでに完成している点、上場に不安がない点も安心できるプロジェクトですね!

・カガヤン経済特区公式ページからの情報発信
・フィリピンでも最も権威のある新聞マニラタイムズでの新聞発表
公的な機関からの正式発表!こういった事実がでてきている。この点が他に無い画期的な点と言えます。

そんなMIKSコインの目指すものは…


.カガヤン経済特区の特性を活かし、フィリピン経済成長への貢献


.海外フィリピン人労働者(OFW)への海外送金支援事業


.生活インフラやショッピングモールでの仮想通貨利用促進、オンラインカジノ、店舗型カジノなどエンターティメント事業への展開となっています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

1.カガヤン経済特区の特性を活かし、フィリピン経済成長への貢献
フィリピンはフィンテック企業の誘致のため、優遇税制を適応したカガヤン経済特区を設立し海外企業の誘致に積極的に動いています。ゆくゆくは、アジアのシリコンバレーを目指すと明言しています。
仮想通貨取引所は世界中のユーザーに取引の場を提供し利益を生み出します。世界から企業を誘致しフィリピン国内で事業が運営されればフィリピンの経済に良い効果をもたらします。HARSEQそしてMIKSコインは仮想通貨業を通じフィリピンの経済発展に貢献します。

2.海外フィリピン人労働者(OFW)への海外送金支援事業
フィリピンに存在する大きな送金市場は、年間数千億円ともいわれる手数料が発生しています。仮想通貨を利用した送金によりその手数料を大きく減少させることが可能であると考えられています。正式にライセンスを取得した取引所の発行する仮想通貨であれば、安心して送金に使うことができます。
手数料としてこぼれていたお金が、MIKSコインをつかった送金によりフィリピン国内に還流させることができます。その結果、フィリピン国民が豊かになることができます。

3.生活インフラやショッピングモールでの仮想通貨利用促進、オンラインカジノ、店舗型カジノなどエンターティメント事業への展開
フィリピン国内において、店舗でのMIKSコインを使用を可能としていきます。ユーザーにとってもより快適な生活環境を提供し、MIKSコインの流動性も高まります。
MIKSコインのカジノ、オンラインカジノでの使用を可能としていきます。フィリピン政府よりオンラインカジノライセンスを取得しフィリピンで盛んなカジノ業とも連携し、世界中の人によりスムーズなプレイ環境を提供します。MIKSコインの使用によりカジノ産業においても大きな増収が見込めます。

※ホワイトペーパー(英語)
http://mikscoin.ph/wp-content/themes/lideres/files/White_Paper_v0_4.pdf


すでにフィリピンの公式ニュース、MIKSコインのオフィシャルでも情報が確認できます。


 ページ上部へ戻る